本研究室が関わる教育組織

 ※ 入試に関するご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。
 関連リンク> Advertisement

博士課程 自然科学研究科自然システム学専攻(博士課程後期)
概要 本研究室では「運動科学・スポーツ科学」領域で博士号を取得できます。博士後期課程(自然科学研究科自然システム学専攻)へは、主に、大学や研究所等での研究職を志す人が進学します(教員志望の方も在籍しています)。 自然科学研究科には我々が必要とする情報や、関連するテーマで研究している生物系の研究室があります。修了者には、博士(学術 or 理学)が授与されます。今や博士号は大学教員や研究職(大学教員、研究機関)へのライセンスです。

大学院への進学希望者はお気軽にお問い合わせ下さい。
入試方法 試験の基本は書類審査と口述試験 です(本学修士課程修了者は口述試験を免除)。修士課程を修了していない場合でも、研究実績により面接試験を受けることができます。
現職社会人の志願者には、現職を続けながら在籍できる特例措置や長期履修制度も有ります。
授業担当 運動生理学特論
修士課程 人間社会環境研究科地域創造学専攻(博士課程前期)
概要 大学院で運動生理学・生化学を勉強・研究するには、人間社会環境研究科(博士前期) へ進学します。人間社会環境研究科地域創造学専攻には我々が必要とするスポーツ科学に関連するテーマで研究している研究室があり、そうした教員の協力も得ながら研究教育を進めます。修了者には、修士(学術) が授与されます。

大学院への進学希望者はお気軽にお問い合わせ下さい。

さらにキャリアアップ・専門研究を継続しようと思う人は博士後期課程(自然科学研究科 自然システム学専攻)へ進みます。
入試方法 現職社会人の志願者には、現職を続けながら在籍できる特例措置や長期履修制度も有ります。
授業担当 運動適応科学特論、健康増進科学特論、先端地域創造講義(オムニバス)
学士課程 地域創造学類・健康スポーツコース
概要 平成20年度以降、地域創造学類・健康スポーツコースが新設され、スポーツ科学や健康科学を専門的に学ぶことができます 。また、教職免許状(保健体育)や日本体育協会公認のスポーツ指導者資格を取得することができます。さらにキャリアアップ・専門研究を継続しようと思う人は大学院へ進みます。卒業後は、公務員(国家、地方)や学校教諭、財団職員などを想定しています。
研究室の活動内容や進学などのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。
また、引き続き大学院での勉学を志そうと考えている方もお気軽にお問い合わせ下さい。
入試方法 試験の基本は推薦入試と一般入試(前期・後期)です。
授業担当 健康スポーツ論(オムニバス形式)、スポーツと身体システム論、スポーツ生理学(運動生理学を含む)(教免必修)、健康スポーツ演習(後期のみ担当)、ヘルス・エクササイズ(オムニバス形式)、スポーツ生理学演習、スポーツ生理学実習、衛生学及び公衆衛生学(教免必修)、総合演習(オムニバス形式)、など
その他 サッカー/フットサル(国際基幹教育院 GS科目)